土地建物の評価(3年以内取得)は取得時価?相続税評価額? 【個人と法人の違い】

土地建物の評価(3年以内取得)

(本文更新:2017/04/18)

※『個人』の場合は、

相続や贈与の場合、3年以内取得かどうかに関係なく、相続開始時の時価が分からない場合は、基本的には土地は路線価(または倍率)、建物は固定資産税評価額を基にして評価。
(相続開始後に売却するため、売却可能額が申告前に分かり、相続税評価額を下回る場合などはその売却時価評価で申告も可能。)

⇒平成7年相続開始までは「旧措置法第69条の4」により、個人も3年以内の場合は時価課税だったそうですが、平成8年に廃止。



死亡保険金の受取りにかかる税金

収入印紙が必要ない場合

保険料負担者と受取人によって税金の種類が異なる

被保険者Aさんが死亡し、以下の表の通り保険金受取人が死亡保険金を受け取った場合、
「保険料負担者」「保険金受取人」が誰であるかによって、
その保険金にかかる税金の種類が異なります。


暮らしの税情報

暮らしの税情報


国税庁のパンフレット


日々の暮らしに関わる基本的な税に関して、
国税庁からパンフレットが作成されています。
なかなかよくまとまっていて読みやすいです。

国税庁:パンフレット「暮らしの税情報」(平成28年度版)

【掲載内容】
・税の基礎知識
・給与所得者と税
・高齢者や障害者と税
・暮らしの中の税
・不動産と税
・贈与、相続と税
・申告と納税
・その他



メールフォーム

お名前:

メールアドレス:

件名:

ご意見・ご感想など:

▼税金は『クレジットカード納付』できる▼

自分で納付する所得税や贈与税、相続税などをクレジットカード払いできるサイトが国税庁から発表されています(こちら)。納付手数料は納付額1万円まで82円、1万円を超えるごとに82円加算されます(分割払い・リボ払いなどの手数料とは別です)。

入会時や高還元率で得する『クレジットカード』 ⇒ 特集はコチラ

●楽天スーパーポイントが貯まる⇒『楽天カード』
●Tポイントがどんどん貯まる⇒『Yahoo Japan カード』
●イオンで使うとオトク⇒『イオンカードセレクト』

▼収入が増えたら『物件』を探そう!▼


▼『人間ドック』と医療費控除▼

人間ドックや各種検診が、
直接予約するより安くなることも:検診受付サイト『ここカラダ』

  • 40才をこえると受けるのが当たり前の時代
  • がんの発生件数が年々増加
  • CTスキャン、脳ドックなど いろいろ選べる
  • 病院を横断的に料金比較ができる
  • 検査後に治療に発展すれば人間ドック費用も医療費控除できる