[平成28,29年]給与所得控除額の改正と比較ツール (給与所得控除後の給与等の金額の計算)

給与所得控除額の改正と比較ツール

(公開:2016/01/05)

「給与所得控除額の減少」という増税

平成28年、そして29年と、
サラリーマンに対する増税があります。

それは、
給与収入から概算経費として控除される「給与所得控除額」が減る
ということです。

国税庁のページ:「給与所得控除

ただし、
すべての収入の階層の控除額が減るのではなく
平成28年は給与年収1200万円以上で、上限230万円に。
平成29年は1000万円以上で、上限220万円に。

ちなみに、
平成27年までは1500万円以上で上限245万円です。

つまり、給与年収1500万の人は
平成29年は平成27年より給与所得が25万増え、
所得税率33%、住民税率10%なので、
25万×43%=約11万の増税(H27年比のH29年分)になります。

計算ツールへジャンプする


給与年収から所得税・住民税・社会保険料・手取り収入グラフ作成ツール - 配偶者扶養の場合の計算など

給与年収から所得税・住民税・社会保険料・手取り収入グラフ作成ツール - 配偶者扶養の場合の計算など
(更新:2017/05/22)
データリストで表示項目の選択機能を追加

ツールについて

サラリーマンやパート・アルバイトなど、
給与を少しずつ増やして
所得税・住民税の税額、社会保険料の額がどのように変化するかを
みるためのグラフ作成ツールです。(このページの下部)

条件を変更すると、その条件でのグラフと表が更新されます。
金額の変化だけではなく、
収入に対する割合の変化のグラフも表示されます。

計算ツールへジャンプする

※このツールを使って得た結果を一覧にしたものを次の記事で紹介しています。
↓↓↓
・「年収と税金の関係:給料と手取りの一覧
・「給料別:ふるさと納税の目安額一覧
・「確定申告:医療費控除の還付額目安一覧



所得税,住民税,社会保険料,手取りの簡易計算&ふるさと納税(限度額,自己負担額),住宅ローン控除(実質控除限度額),医療費控除等の減税効果確認ツール

所得税,住民税,社会保険料,手取りの簡易計算&ふるさと納税(限度額,自己負担額),住宅ローン控除(実質控除限度額),医療費控除等の減税効果確認ツール
 
(更新:2017/06/05)
表示方法を改良、初期表示を「要点別」に変更、「◆控除の減税効果」の位置を【一覧表】へ移動

(最近更新分)
数値の自動出力の連続出力機能を拡充、ふるさと納税が住民税から控除されているかの確認(サラリーマンの給与天引分)を追加、上下矢印のマークで表示グループを別の枠へ移動、そして並び替えができる機能を追加

※当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。正確な情報はお近くの税理士事務所等でご確認ください。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。

ツールについて

エクセル不要の税金計算ツール(Webアプリケーション)です。(このページの下部)
(簡単に言うと、所得税,住民税,社会保険料,ふるさと納税等の高精度計算サイトです。ただし、完全に正確な額を計算するものではありません。)

●計算ツールの概要●
給料,年金,副業,自営業,専業投資家をカバーする各種所得に対応し、臨時に発生する土地建物の譲渡所得の各種特別控除や軽減税率、退職金の手取りの試算も可能。
所得税と住民税を同時計算し、各種控除の有無による税額の差や、申告方法(配当や退職金、ふるさと納税ワンストップ特例など)によって変わってくる税額を比較する機能に力を入れています。

とにかく、いろいろ分析できる無料ツールです。簡易的な税金計算機として参考にしていただければと思います。

※注意:このツールは「年間の税金」を試算するためのものです。「毎月の給料」や「夏季冬季の賞与」にかかる所得税(源泉徴収税額)を"正確"に計算したい場合は、国税庁HPの『源泉徴収税額表』から読み取ってください。

計算ツール←すぐ使いたい方
使い方←使い方を知りたい方
機能紹介←各種機能を知りたい方
アンケート←アンケートに答えて頂ける方

ツールの「Q&A」


評価アンケート結果


●コメントいただき、ありがとうございます。


引用していただいたサイト

本ツールを以下のサイトの記事の中で引用していただきました。

書庫のある家.com
おさいふプラス (多数引用に感謝!)
All About [オールアバウト]
myu's blog [節約主婦ブログ.jp]
転職Hacks
年間100万貯金節約ブログ

ほか多数のブログでも紹介いただき、誠にありがとうございました。
※本記事のタイトルが長すぎるので、ご紹介の際には「税金,社保計算&各種控除の減税効果確認ツール by 税理士試験と税務のメモ」などと省略してかまいません。


メールフォーム

お名前:

メールアドレス:

件名:

ご意見・ご感想など:

▼税金は『クレジットカード納付』できる▼

自分で納付する所得税や贈与税、相続税などをクレジットカード払いできるサイトが国税庁から発表されています(こちら)。納付手数料は納付額1万円まで82円、1万円を超えるごとに82円加算されます(分割払い・リボ払いなどの手数料とは別です)。

入会時や高還元率で得する『クレジットカード』 ⇒ 特集はコチラ

●楽天スーパーポイントが貯まる⇒『楽天カード』
●Tポイントがどんどん貯まる⇒『Yahoo Japan カード』
●イオンで使うとオトク⇒『イオンカードセレクト』

▼収入が増えたら『物件』を探そう!▼


▼『人間ドック』と医療費控除▼

人間ドックや各種検診が、
直接予約するより安くなることも:検診受付サイト『ここカラダ』

  • 40才をこえると受けるのが当たり前の時代
  • がんの発生件数が年々増加
  • CTスキャン、脳ドックなど いろいろ選べる
  • 病院を横断的に料金比較ができる
  • 検査後に治療に発展すれば人間ドック費用も医療費控除できる