リバースモーゲージ 生命保険買取型 死亡保険金受取権利を売却して老後の資金を調達

リバースモーゲージ 生命保険買取型 死亡保険金受取権利を売却して老後の資金を調達

いろいろ種類がある「リバースモーゲージ」

過去記事「リバースモーゲージ 不動産担保型生活資金」で紹介したリバースモーゲージには、
別の種類があるようです。

それは、
生命保険の掛け金を支払っている人が、
死亡保険金を受け取る権利を売却するというもの。


相続税の税額グラフ作成ツール : 各相続財産における第1次&第2次相続税額と配偶者相続割合について

相続税の税額グラフ作成ツール : 各相続財産における第1次&第2次相続税額と配偶者相続割合について
(※このページはブラウザによっては表示できず落ちることがあります)

ツールについて

相続財産を少しずつ増やして
相続税の額がどのように変化するかをみるためのグラフ作成ツールです。(このページの下部)

条件を変更すると、その条件でのグラフと表が更新されます。
細かな条件を省き、基本的な相続の計算を行います。
平成26年と27年改正以後の税制の比較ができ、
また、それぞれの税制での第2次相続の税額もグラフに表示します。

個別の計算過程などは
↓↓↓
おすすめ記事:

相続税の基本計算と贈与税との比較シミュレーションツール

 相続税額の試算や生前贈与による贈与税比較、法定相続分,養子,遺留分,特定遺贈,相次相続控除の表示など。

贈与税の計算シミュレーションはこちら
↓↓↓

贈与税の計算ツール:平成27年改正前後の税額・実効税率の比較

 贈与税の変化や贈与を受ける側の違いにおける税額の差などをシミュレーション


[2016年]ふるさと納税:手取給与,株式,FX等の得する限度額目安の計算一覧(要点,控除の仕組みをわかりやすく解説,家族構成の例別に上限額を計算)

給料の月収年収手取り別 「ふるさと納税」上限目安額一覧(家族構成の例別に計算)

(本文更新:2016/11/11)
実は限度額計算は複数あり、そのうち最小の限度額でふるさと納税しないと2000円自己負担にならない詳細へ
 

※当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。正確な情報はお近くの税理士事務所等でご確認ください。当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。

ふるさと納税 要点一覧


  • 「ふるさと納税」とは、どんな制度か?
    1. 県や市町村へ金銭の寄付により税負担が減る⇒税金の先払い的な制度詳細へ
    2. 自分の住所地へ納付する住民税を、好きな町などへの寄付金に使途を変えられる詳細へ
    3. 高級食材やPCなど自分が欲しい御礼の品/サービスがもらえる自治体を選んで寄付できる詳細へ
    4. 寄付はクレジットカード決済対応の自治体もあり、通販感覚で簡単に行える
    5. 条件を満たすと、寄付額の大部分の税金が減るのに、御礼の品/サービスがもらえて得をする詳細へ
    6. 自治体への寄付を「ふるさと納税」にするには、申告代理の申し込み(ワンストップ特例制度詳細へ)や確定申告詳細へ等、一定の手続きが必要

  • 税金が控除(負担が減る)とは?- 控除の仕組み -
    1. 関係する税金は主に所得税,住民税で、住民税から減らされる割合が大きい詳細へ
    2. 収入がない/税金の納付がない人が寄付すると、御礼の品はもらえるが、お金は1円も戻らない詳細へ
    3. 負担する金額は、寄付する回数に関係なく、年間で最低2千円詳細へ
    4. ふるさと納税の1年の区切りは、元旦から大晦日まで詳細へ
    5. 寄付後、年内に死亡すると翌年度の住民税は課されず、ふるさと納税の控除は大幅減

  • ふるさと納税で得をするには?
    1. 金額には区切り(以下、限度という)があり、それを超えて寄付すると、自己負担額が増えていく(寄付はいくらでも可)詳細へ
    2. 得するための限度額は収入(所得)と税金に関する控除の内容で決まる詳細へ
    3. 限度以内なら自己負担は少なくてすむので、安全策として限度ギリギリは避ける詳細へ
    4. 最大限で得をするには負担額が最低になる寄付額に抑えつつ、欲しい返礼品を選ぶ

  • 得をするために寄付額を抑えておく「限度額」とは?
    1. ふるさと納税の限度額は1人ごとに異なり、世帯ごとに決まるものではない
    2. 限度額を計算する際の『収入』とは、所得税等が課されるもの(給与・賞与など)で、通勤手当,遺族年金等は含まない詳細へ
    3. 1~12月までの収入等が決まって初めて限度額が確定するため、年途中では予測で概算するしかない
    4. 限度額を超えて寄付すると、「超えた分」については控除が一部削られる詳細へ
    5. 収入が多いほど限度額は高く、所得控除が多いほど限度額は低くなる詳細へ
    6. 限度額計算には少なくとも住民税額が必要で、住民税額が不明なら収入/所得と各種所得控除の内容ごとに計算ツールや目安表から見積もる詳細へ
    7. 住宅ローン控除で所得税を引ききっている場合は自己負担額が2000円を超えることもある詳細へ
    8. 実は限度額計算は複数あり、そのうち最小の限度額でふるさと納税しないと2000円自己負担にならない詳細へnew_icon.png

  • 目安の限度額の計算例一覧表
    1. 【条件0】社会保険料なし:健保で扶養されて年金3号の配偶者、20歳以上で自分で年金・健保を払っていない独身
    2. 【条件1】単身等:単身や、共働きの夫婦それぞれ(子なし/子供16歳未満)、パート・アルバイトなど
    3. 【条件2】扶養2人:サラリーマンと専業主婦と高校生1人と16歳未満の子供たちの家庭
    4. 【条件3】扶養3人他控除:サラリーマンと専業主婦と高校生2人、その他控除
    5. 【条件4】給与と副業:給与と分離所得(株、上場株配当、FX、長期譲渡)がある場合
    6. 【条件5】専業トレーダー:専業トレーダー等の分離所得(株、上場株配当、FX、長期譲渡)の場合
    7. 【条件6】自営,年金等:年金収入、不動産賃貸収入など複数の収入がある、そのほか自営業の場合

  • 関連する制度について
    1. 『ワンストップ特例制度』はサラリーマンや年金生活者がこのためだけに確定申告する手間を省くため詳細へ
    2. 『住宅ローン控除』で所得税がゼロでも住民税が減る詳細へ
    3. 『退職金』に係る住民税はふるさと納税対象外詳細へ
    4. 『義援金』とふるさと納税の関係詳細へ
    5. 『各種制度の所得制限』への影響詳細へ

  • 計算ツール、計算方法、その他
    1. 得するふるさと納税の限度額の計算ツール(詳細計算用)詳細へ
    2. 住民税額からの限度額の計算方法(簡便法)詳細へ
    3. 総務省のふるさと納税上限額との比較検証詳細へnew_icon.png
    4. 確定申告する方法詳細へ
    5. ふるさと納税アンケート詳細へ

注意
ふるさと納税の限度額は、人それぞれ異なり、「もっと低い」こともあります。また、限度額以内であっても「自己負担額は2000円を超える」ことがあります。個別計算は『ふるさと納税の限度額・自己負担額の確認ツール』をお使いください。

社会保険料なし単身等扶養2人扶養3人他控除給与と副業専業トレーダー自営,年金等計算ツール要点一覧



入会時高還元率で得する『クレジットカード』
●楽天スーパーポイントが貯まる⇒『楽天カード』
●Tポイントがどんどん貯まる⇒『Yahoo Japan カード』
●イオンで使うとオトク⇒『イオンカードセレクト』
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

▼収入が増えたら『物件』を探そう!▼


▼『人間ドック』と医療費控除▼

人間ドックや各種検診が、
直接予約するより安くなることも:検診受付サイト『ここカラダ』

  • 40才をこえると受けるのが当たり前の時代
  • がんの発生件数が年々増加
  • CTスキャン、脳ドックなど いろいろ選べる
  • 病院を横断的に料金比較ができる
  • 検査後に治療に発展すれば人間ドック費用も医療費控除できる