地震保険料の引き上げ 7月から最大30% 免震耐震は割引率引き上げと一部据え置き

地震保険料の引き上げ 7月から最大30% 免震耐震は割引率引き上げと一部据え置き

地震発生確率の見直しと地震保険料


日本全国の地震が起きる確率を国が見直すそうです。
そして、東南海地震などの大きな地震が一定期間内に起きる確率が高い(※)ことから、
地震保険料の額も7月から値上げされることになりました。
(※地震予測値図より)


【スポンサーリンク】

ちなみに、
地震損害に対する支払は政府も負担しているようです。

“地震保険は、地震等による被災者の生活の安定に寄与することを目的として、
民間保険会社が負う地震保険責任の一定額以上の巨額な地震損害を
政府が再保険することにより成り立っています。”

(財務省ホームページより)

損害保険会社のページ(例えば富士火災)に詳しく書かれていますが、
例えば、
鉄骨造建物、鉄筋コンクリート造などの建物は20%~30%も高くなる地域があります。

一方で、この見直しにより、
免震や耐震構造の建物に対しての保険料割引率が一部を除いて引き上げられます。


いまさらですが、
デッドラインの6月30日までに契約期間を5年に切り替えれば、
引き上げ前の保険料であと5年は過ごせるようです。
大きな建物だと差が大きいかもしれません。

今月は地震保険が駆け込み需要となっているのですかね。
今からでも間に合うのでしょうか。



 記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 
この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


入会時高還元率で得する『クレジットカード』
●楽天スーパーポイントが貯まる⇒『楽天カード』
●Tポイントがどんどん貯まる⇒『Yahoo Japan カード』
●イオンで使うとオトク⇒『イオンカードセレクト』
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

▼収入が増えたら『物件』を探そう!▼


▼『人間ドック』と医療費控除▼

人間ドックや各種検診が、
直接予約するより安くなることも:検診受付サイト『ここカラダ』

  • 40才をこえると受けるのが当たり前の時代
  • がんの発生件数が年々増加
  • CTスキャン、脳ドックなど いろいろ選べる
  • 病院を横断的に料金比較ができる
  • 検査後に治療に発展すれば人間ドック費用も医療費控除できる