かいけいセブンのブログでアクセスが多い記事

節税に役立つ税金比較計算
(ふるさと納税計算あり)
「ふるさと納税」目安一覧
年収と税金の割合一覧

[給与所得控除の計算ツール] 平成28,29年の改正と比較#給与所得控除後の給与等の金額の計算

給与所得控除額の改正と比較ツール

()

「給与所得控除額の減少」という増税

平成28年、そして29年と、
サラリーマンに対する増税があります。

それは、
給与収入から概算経費として控除される「給与所得控除額」が減る
ということです。

国税庁のページ:「給与所得控除

ただし、
すべての収入の階層の控除額が減るのではなく
平成28年は給与年収1200万円以上で、上限230万円に。
平成29年は1000万円以上で、上限220万円に。

ちなみに、
平成27年までは1500万円以上で上限245万円です。

つまり、給与年収1500万の人は
平成29年は平成27年より給与所得が25万増え、
所得税率33%、住民税率10%なので、
25万×43%=約11万の増税(H27年比のH29年分)になります。

計算ツールへジャンプする


【スポンサーリンク】

給与所得控除額の計算式

●給与所得控除後の給与等の金額=
 【給与等の年間収入金額(給与所得の源泉徴収票の支払金額)】-【その年の給与所得控除額】

●給与所得控除額の基本計算式 (国税庁のページ)
収入金額(天引前給料)上限未満の給与所得控除額
180万円以下 収入金額×40%
(65万円に満たない場合は65万円)
180万円超 360万円以下 収入金額×30%+18万円
360万円超 660万円以下 収入金額×20%+54万円
660万円超 1,000万円以下 収入金額×10%+120万円
1,000万円超 収入金額×5%+170万円

●給与所得控除額の詳細計算式
給与等の収入金額が660万円未満の場合
上記の基本計算式よりも細かい計算があります。

国税庁:平成27年 電子計算機等による年末調整(PDF)

※次のリンクに詳細計算した表があります。
 ⇒ 給与所得控除後の給与等の金額の表(所得税法 e-Gov)

●給与所得控除額の上限
上限参考:所得税率
平成24年分 給料×5%+170万円
上限なし
5%~40%
平成25年分
平成26年分
245万円(1,500万円~) 5%~40%
平成27年分 245万円(1,500万円~) 5%~45%
平成28年分 230万円(1,200万円~) 5%~45%
平成29年分 220万円(1,000万円~)

◆かいけいセブンの計算ツール◆

※以下のツールは別サイトで作成しているページを埋め込んでいるため、
 見にくい場合はお手数ですが、下記リンクから直接開いてください。
 スマホで表示している場合も下記リンクからどうぞ。


給与所得控除額の計算ページを新規に開く

(※不具合等のご報告はこちらのフォームから)



給与所得控除額の計算コード

収入金額が660万円未満の詳細計算を考慮した場合の
Javascriptのコードの一例を紹介します。

(※以下のコードは、shu:給与収入、nen:年分を入れると給与所得を出力します。)
function kojo_shotoku(shu,nen){

//●年調給与額(給与収入)●(5列)
 var Nencho1 = [1618999, 1619999, 1623999, 6599999, 99999999999];//最後はダミー
 var Nencho2 = [0, 1619000, 1620000, 1624000,0];//同一階差の最小値
 var Nencho3 = [1, 1000, 2000, 4000, 1]; //mod(階差)

//●給与所得(年調給与額)●(11列)
 var Kyuyo1 = [650999, 1618999, 1619999, 1621999, 1623999, 1627999, 1799999, 3599999, 6599999, 9999999, 99999999999];//最後はダミー

 //H24
 var Kyuyo2 = [0, 100, 60, 60, 60, 60, 60, 70, 80, 90, 95];
 var Kyuyo3 = [0, 650000, 2400, 2000, 1200, 400, 0, 180000, 540000,1200000, 1700000];

 var i;
 var nenchokyuyo = 0;
 var kyusho = 0;//給与所得(円)

 for(i=0; i<5; i++) {
  if(shu <= Nencho1[i]) {
   nenchokyuyo = shu - (shu - Nencho2[i]) % Nencho3[i];
   break;
  }
 }

 for(i=0; i<11; i++) {
  if(nenchokyuyo <= Kyuyo1[i]) {
   kyusho = nenchokyuyo * Kyuyo2[i] / 100.0 - Kyuyo3[i];
   kyusho = Math.floor(kyusho);
   break;
  }
 }

//●各年分の上限額の設定
 if((nen==27)+(nen==26)+(nen==25)){
  if(nenchokyuyo>15000000){
   kyusho = nenchokyuyo - 2450000;
  }
 }
 if((nen==28)*(nenchokyuyo>12000000)){
  kyusho = nenchokyuyo - 2300000;
 }
 if((nen==29)*(nenchokyuyo>10000000)){
  kyusho = nenchokyuyo - 2200000;
 }

 return kyusho;

}



 記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 
お気軽にシェアをお願いします

お問い合わせはこちらから

お名前:

メールアドレス:

件名:

ご意見・ご感想など:

▼税金は『クレジットカード納付』できる▼

自分で納付する所得税や贈与税、相続税などをクレジットカード払いできるサイトが国税庁から発表されています(こちら)。納付手数料は納付額1万円まで82円、1万円を超えるごとに82円加算されます(分割払い・リボ払いなどの手数料とは別です)。

入会時や高還元率で得する『クレジットカード』 ⇒ 特集はコチラ

●楽天スーパーポイントが貯まる⇒『楽天カード』
●Tポイントがどんどん貯まる⇒『Yahoo Japan カード』
●イオンで使うとオトク⇒『イオンカードセレクト』

▼収入が増えたら『物件』を探そう!▼


▼『人間ドック』と医療費控除▼

人間ドックや各種検診が、
直接予約するより安くなることも:検診受付サイト『ここカラダ』

  • 40才をこえると受けるのが当たり前の時代
  • がんの発生件数が年々増加
  • CTスキャン、脳ドックなど いろいろ選べる
  • 病院を横断的に料金比較ができる
  • 検査後に治療に発展すれば人間ドック費用も医療費控除できる