死亡保険金の受取りにかかる税金

収入印紙が必要ない場合

保険料負担者と受取人によって税金の種類が異なる

被保険者Aさんが死亡し、以下の表の通り保険金受取人が死亡保険金を受け取った場合、
「保険料負担者」「保険金受取人」が誰であるかによって、
その保険金にかかる税金の種類が異なります。


【スポンサーリンク】


ケース 保険料の負担者 被保険者 保険金受取人 税金の種類
Bさん Aさん(死去) Bさん[保険料の負担者] 所得税
Aさん(死去)[被保険者] Aさん(死去) Bさん 相続税
Bさん Aさん(死去) Cさん 贈与税


この表から保険金の権利は保険料負担者にあり、
次のように言いかえられるかと思います。

①負担者と受取人が同一ならそのままその人の所得になるので所得税に
②負担者の権利を相続によって受取人が受け取るので相続税に
③負担者の権利を別の受取人に贈与するから贈与税に



[引用元:国税庁]

死亡保険金を受け取ったとき



 記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 
この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


メールフォーム

お名前:

メールアドレス:

件名:

ご意見・ご感想など:

▼税金は『クレジットカード納付』できる▼

自分で納付する所得税や贈与税、相続税などをクレジットカード払いできるサイトが国税庁から発表されています(こちら)。納付手数料は納付額1万円まで82円、1万円を超えるごとに82円加算されます(分割払い・リボ払いなどの手数料とは別です)。

入会時や高還元率で得する『クレジットカード』

●楽天スーパーポイントが貯まる⇒『楽天カード』
●Tポイントがどんどん貯まる⇒『Yahoo Japan カード』
●イオンで使うとオトク⇒『イオンカードセレクト』

▼収入が増えたら『物件』を探そう!▼


▼『人間ドック』と医療費控除▼

人間ドックや各種検診が、
直接予約するより安くなることも:検診受付サイト『ここカラダ』

  • 40才をこえると受けるのが当たり前の時代
  • がんの発生件数が年々増加
  • CTスキャン、脳ドックなど いろいろ選べる
  • 病院を横断的に料金比較ができる
  • 検査後に治療に発展すれば人間ドック費用も医療費控除できる