相続財産万円     
免責事項:当サイトの利用で起きたいかなる結果について、一切責任を負わないものとします。
※算出額は目安です。実際の額は税理士や税務署、役所等でご相談下さい。 © 2016 TN kaikei7

メニュー > 相続税の税額計算(このページ)

平成26&27年以後分 相続税の簡易計算シミュレーション

≫ 実効税率・限界税率、遺留分の計算、生前贈与による税額の比較、配偶者の税額軽減、特定遺贈、相次相続控除など


この色の欄に必要事項を入力、もしくは選択してください。   このサイトの使い方   (免責事項)

 ●「相続税のグラフと一覧表」の作成はこちら

◆第1次相続における条件の入力 

※丸数字は相続税の申告書 第二表「相続税の総額の計算書」の数字に対応。

第1次相続時の条件を入力
税制選択 @
第1次相続財産
(課税価格の合計額)
配偶者の有無 配偶者が相続する
財産の額の指定
平成26年
平成27年以後
(※債務等控除後)
万円
  
あり
なし
価格万円
割合

相続人の範囲(第1から順に設定してください)
※計算の簡略化のため、以下の範囲のみ選択可能。
第1順位 (子) 第2順位 第3順位
亡くなった方の
「実子」の人数
(特別養子縁組含む)
亡くなった方の
「養子」の人数
(普通養子縁組)
亡くなった方の
「父母」の人数
亡くなった方の
「兄弟姉妹」の人数
孫養子以外
孫養子


  なし 
 ◆遺言による特定遺贈がある場合

  表示 
 ◆基礎控除額・課税遺産総額

  表示 
 ◆法定相続割合と遺留分

  表示 
 ◆法定相続分の税額と相続税の限界税率

◆各人の納付税額の計算

相続税の総額を相続財産の取得割合等で分配
納付税額 概算 合計額
配偶者分
[G×%]
配偶者の
税額の
軽減
配偶者計
[A]
配偶者以外の分
(法定相続人で均等に分配の場合)
(特定遺贈分を除く)
- = ×
(2割加算:/対象者当り)

万円
※被相続人の配偶者,子供,父母以外の者(例えば兄弟や孫養子その他の人)である場合、税額が2割加算。
※相続人が未成年者、85歳未満の障害者の場合は別途、税額控除あり。
※生前贈与による贈与税額の控除や小規模宅地の特例など、他にも考慮するものがあります。


  表示 
 ◆生前贈与(暦年課税3年経過)で相続財産を減らした時の税額比較

 ●「相続税のグラフと一覧表」の作成はこちら


◆第2次相続における税額 (第1次相続時の配偶者が亡くなった場合)

第2次相続時の条件を入力
第1次相続時点から
第2次相続までの
経過年数
第2次相続発生時の配偶者の財産
[E]

(1年未満端数切捨)
(a) 第1次で相続した財産の第2次における"増減"率(※)
% (例:相続財産が半減→「-50%」)
(b) 第2次相続時点での配偶者の固有財産価格(aを除く)
万円
(c)
←チェックを入れると、第2次相続財産[C]から
配偶者 第1次相続税 納税額[A]万円を差し引く
※第1次相続時の配偶者相続財産に対し、第2次相続時の配偶者財産がどれだけ変化したか

第2次相続時点の相続人の範囲(第1から順に設定してください)
※計算の簡略化のため、死亡した方の子供、父母、兄弟姉妹のみ選択可能。
第1順位 (子) 第2順位 第3順位
亡くなった方の
「実子」の人数
(特別養子縁組含む)
亡くなった方の
「養子」の人数
(普通養子縁組)
亡くなった方の
「父母」の人数
亡くなった方の
「兄弟姉妹」の人数


第2次相続財産
(配偶者の財産)
[B]+[B]×%+(b)−(c)
基礎控除額 課税遺産総額
[C] - = 万円

相続人等の税額
(兄弟姉妹の場合は
2割加算)
相続税の総額の
基となる税額
相次相続
控除額
の合計
納付税額の合計
× = 万円 - 万円 = 万円

相次相続控除額の計算式(相続人1人あたり)  

 ●「相続税のグラフと一覧表」の作成はこちら


◆第1次相続・第2次相続の合計税額

第1次+第2次の相続税合計額 万円


処理時間:  (max )







※算出額は目安です。実際の額は税理士や税務署、役所等でご相談下さい。  © 2016 TN kaikei7