印紙税(収入印紙)の非課税範囲

印紙税(収入印紙)の非課税範囲

3万円未満から5万円未満へ


「金銭または有価証券の受取書」にかかる非課税範囲の拡大

収入印紙を貼る際にご注意ください。


【スポンサーリンク】

●平成26年3月31日までに作成:
 記載された受取金額が3万円未満のものが非課税

 ↓

●平成26年4月1日以降に作成:
 記載された受取金額が5万円未満のものが非課税


※税込価格及び税抜価格が受取書に記載されている場合、
 上記の「記載された受取金額」には消費税は含めません。

※貼りすぎた、もしくは不要な収入印紙を貼ってしまった場合は、
 税務署にて申請(「印紙税過誤納確認申請書」)すれば印紙税を還付できる。


[引用元:国税庁]

「領収証」等に係る印紙税の非課税範囲が拡大されました

領収証やレシートに係る印紙税について

消費税等と印紙税


 記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 
この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします


メールフォーム

お名前:

メールアドレス:

件名:

ご意見・ご感想など:

▼税金は『クレジットカード納付』できる▼

自分で納付する所得税や贈与税、相続税などをクレジットカード払いできるサイトが国税庁から発表されています(こちら)。納付手数料は納付額1万円まで82円、1万円を超えるごとに82円加算されます(分割払い・リボ払いなどの手数料とは別です)。

入会時や高還元率で得する『クレジットカード』 ⇒ 特集はコチラ

●楽天スーパーポイントが貯まる⇒『楽天カード』
●Tポイントがどんどん貯まる⇒『Yahoo Japan カード』
●イオンで使うとオトク⇒『イオンカードセレクト』

▼収入が増えたら『物件』を探そう!▼


▼『人間ドック』と医療費控除▼

人間ドックや各種検診が、
直接予約するより安くなることも:検診受付サイト『ここカラダ』

  • 40才をこえると受けるのが当たり前の時代
  • がんの発生件数が年々増加
  • CTスキャン、脳ドックなど いろいろ選べる
  • 病院を横断的に料金比較ができる
  • 検査後に治療に発展すれば人間ドック費用も医療費控除できる