海外開催学会の海外渡航費

海外開催学会の海外渡航費

学会のついでに観光を行うと?


海外で開催される学会等における海外渡航費の
損金算入(法人)・必要経費算入(個人)について




【スポンサーリンク】

同業者団体等が主催して実施する海外視察等の機会に併せて観光が行われる場合、
『業務従事割合』によって損金/経費算入額が変わります。
(※国税庁:海外渡航費の取扱いについてを参照)


[引用元:国税庁]

海外渡航費の取扱いについて(法令解釈通達)
【平12.10.11付 課法2-15、課所4-24、査調4-29】

海外渡航費(所基通37-16~22)


海外渡航費の取扱い(法基通9-7-6~7、9-7-9)


 記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 
この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします


メールフォーム

お名前:

メールアドレス:

件名:

ご意見・ご感想など:

▼税金は『クレジットカード納付』できる▼

自分で納付する所得税や贈与税、相続税などをクレジットカード払いできるサイトが国税庁から発表されています(こちら)。納付手数料は納付額1万円まで82円、1万円を超えるごとに82円加算されます(分割払い・リボ払いなどの手数料とは別です)。

入会時や高還元率で得する『クレジットカード』 ⇒ 特集はコチラ

●楽天スーパーポイントが貯まる⇒『楽天カード』
●Tポイントがどんどん貯まる⇒『Yahoo Japan カード』
●イオンで使うとオトク⇒『イオンカードセレクト』

▼収入が増えたら『物件』を探そう!▼


▼『人間ドック』と医療費控除▼

人間ドックや各種検診が、
直接予約するより安くなることも:検診受付サイト『ここカラダ』

  • 40才をこえると受けるのが当たり前の時代
  • がんの発生件数が年々増加
  • CTスキャン、脳ドックなど いろいろ選べる
  • 病院を横断的に料金比較ができる
  • 検査後に治療に発展すれば人間ドック費用も医療費控除できる