平成26年度(第64回)税理士試験 理系大卒→放送大学の単位プラスで受験資格→受験票到着

平成26年度(第64回)税理士試験 理系大卒→放送大学の単位プラスで受験資格→受験票到着
(追記:2015/06/08 平成27年度第65回の東京の会場はまた「早稲田大学」でした。)

今回の第64回が初めての受験で、
受験表がなかなか来ない!届かない!
と思っていたら、ようやく届きました。
受験会場は早稲田大学でした。


●『税理士試験ブログ&ツイート新着まとめ』はこちら

●仕事との両立にはモチベーションが最も重要  ⇒『働きながら税理士試験に合格する方法!』(無料PDF)


【スポンサーリンク】

受験票が届く

初めての受験、
ということで受験要件が満足されているかが心配でした。

私は理系の大学を卒業していましたが、
運悪く、1つも法学や経済学の単位を取っていなかったため、
そのままでは受験資格がありませんでした。

そこで、
放送大学で「経済学入門」という講座を一つ受講し、単位を修得することで、
受験資格が得られ、実際に受験票が届きました。

第64回税理士試験受験票:東京都早稲田大学

※もし受験票が6月24日(火)までに届かない場合は、
受験を申し込んだ国税局に連絡するようにと受験案内に書いてあります。


「放送大学」の単位で受験資格

さて、
“放送大学”って…実際にはどうやって単位をもらえるの?
と思う人もいるかと思いますが、とっても簡単でした。


●費用ですが、
入学金は7,000円、
授業料は今回のように1講座だけ受ける場合は11,000円でした。

●授業形態は、
講座にもよりますが、
今回の「経済学入門」はラジオでした。

ですが、いまどきラジオなんてあまり聴きません。
そこで、この科目は放送大学のホームページにオンライン教材として
音声データがアップされていましたので、
いつでも講義が聴けました。
講義数は全15回(1回45分)、これで土日にまとめて講義を聴いていました。

●試験はというと、
中間テストのような確認テストがあります。
これは10問の択一式で、
解答用紙を郵送するか、またはオンラインで解答もできます。
(※状況からわかるように、家でテキストを見ながら解答できます。)

単位認定試験は、
これはだけは最寄りの学習センターに実際に行って、
試験を受けなければいけませんでした。
しかし、ここでもテキストやノート持ち込み可能でしたので、
とても簡単な試験でした。
(もちろん、テキストに書かれていなく、ラジオ講義内だけで示される答えもあります。)

●まとめると、
四年制大学を卒業していて、
今回のように1つの講座だけ単位がほしい場合は、
学期6カ月の期間中、
単位認定試験の1日以外はずっと家で作業ができたということです。

放送大学をこんな風に利用するとは思っていませんでしたね。
これであとは税理士試験に受かるといいですが。。

housoudaigaku.jpg


 記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 
この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


入会時高還元率で得する『クレジットカード』
●楽天スーパーポイントが貯まる⇒『楽天カード』
●Tポイントがどんどん貯まる⇒『Yahoo Japan カード』
●イオンで使うとオトク⇒『イオンカードセレクト』
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

▼収入が増えたら『物件』を探そう!▼


▼『人間ドック』と医療費控除▼

人間ドックや各種検診が、
直接予約するより安くなることも:検診受付サイト『ここカラダ』

  • 40才をこえると受けるのが当たり前の時代
  • がんの発生件数が年々増加
  • CTスキャン、脳ドックなど いろいろ選べる
  • 病院を横断的に料金比較ができる
  • 検査後に治療に発展すれば人間ドック費用も医療費控除できる